読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去の自分を思い出していたら自信が持てるようなった

f:id:rainyajisai:20160908234242j:plain

ここ3日ほど過去の自分を振り返るブログを書いていた。

すると不思議なことに、「あ〜、私って結構頑張っていたんだな。。。」という気持ちが湧いてきたのだ。

それまでは、「私はなんて飽きっぽくて、ダメな人間なのだろう。なんの専門性も持たず、ただその時に興味があることにどんどん手を出して、それに満足すると、すぐに違うことに興味をもってしまう。本当に情けない。。。」そんな風に、自分の生き方を否定ばかりしていたように思う。

さらに、いつも周りの目や人にどう思われるかを気にするあまり、自分の本音から目を反らし、自分の意見というよりは、周りから求められる意見、周りから期待されている自分を常に演出していたように思う。

それが、思い切ってブログに書いてみたおかげで、気持ちの整理がついたのか、とても気持ちがすっきりしたのだ。
さらには、情けないと思っていた自分の生き方をさらけ出したおかげで、ある意味、開き直れたのか、これが自分らしい生き方なんだとやっと認めることができたようだ。

不思議なもので、自分で自分のことを認められるようになったおかげで、「私はこれでいいんだ」という自信さえも湧いてきたのである。

そもそもこのブログを始めたのも、タイトルにあるように、「自分に自信が持てるようになりたい」という思いがあったから。

始めた当初は、ただひたすらに、自分のダメなところをダメ出しし続けていたように思う。
それまでは、プライドが邪魔して自分の弱さやダメなところをさらけ出すことができなかった私が、ブログという匿名の空間ではあるけれども、それまでできなかった本音を晒すという作業を続けるに従って、それまで目を反らし続けてきた自分自身をやっと認めることができるようになったのかもしれない。

自分はこれでいいんだ。
ずっとダメだと思っていたけど、結構頑張っていた。

やっとそう思えるようになった気がする。

これもブログを書くことで、自己開示を続けていたおかげのような気がする。

そう思えた今は、とても気持ちが軽やかで清々しい気分だ。