読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真のススメ〜フォトセラピー〜

f:id:rainyajisai:20160904234340j:plain


写真を撮るのはなんでこんなに楽しいのだろう?

思う存分、写真を撮ってた後は、なんだかとっても癒されたような、心がすっきりした気持ちになる。

写真ってすごいな〜と思っていたある日、こんなブログに出会った。

kasakoblog.exblog.jp

今を生きづらいと感じている人にぜひおすすめしたいのが写真を撮ること。
カメラを趣味にすれば、生きづらい人生から脱して、 楽しい人生に変わるきっかけを得られるかもしれない。
私は写真がきっかけで、ネガティブ思考から脱することができた。
「フォトセラピー」という言葉もあるほど、 写真撮影は心のバランスを回復するのにすごくいい“治療手段”だと思う。

こちらの文章は、カメライターとして活躍中の「かさこ」さんの「ブロガーかさこの好きを仕事にするセルフブランディング術」からの引用。

写真を撮ることによって学べる、人生において大切なことが7つ書かれているのだけれど、ひとつひとつが「わかる!わかる!」「そう!そう!!!」と思わずうなってしまうような内容ばかり。

確かに写真を撮るって常にポジティブ思考。 


目の前の被写体をどんな風に撮れば魅力的?
この場所の素敵なところは?
この人の魅力って何?

そんな風に、常に良いとこ探しをする気持ちで毎日を過ごせるようになるのだ。

f:id:rainyajisai:20160904234032j:plain

こちらの写真は、雨上がりに、道端にある雑草を写したもの。

今までだったら決して目を止めることもなく、ただの「雑草」としてしか見ていなかったはず。

でも、写真を撮るようになってからは、キラキラ輝く素敵なイルミネーションに見えてくるから不思議。

何気なく過ごしている日常の中にだって、こんなにも美しい世界が広がっていると気づけたのも、写真を撮るようになったからこそ。

ものの見方、意識の向け方で、世界はまるで違ってくるのだ!

f:id:rainyajisai:20160904234031j:plain


かさこさんのブログには、さらにこんな記事も!

kasakoblog.exblog.jp

 
こちらも、まさに納得の内容。
ぜひ、たくさんの人に写真の素晴らしさを知って欲しいな〜と思った。

f:id:rainyajisai:20160904234022j:plain


私も、誰かに元気を与えたり、癒しになるような写真を撮ることを目標に、これからも撮り続けたい!!