居心地のいい場所

f:id:rainyajisai:20160808142120j:plain

自分にとって、居心地のいい環境を選ぼう。

人も場所も。

家の中で一番気持ちいい場所で眠る猫のように。



以前、キツイ環境で仕事をしていたことがあった。
その当時は、毎日、「辞めるべきか、このまま続けるべきか」考えて、悩んで、でも結論が出せなくて堂々巡りが続いていた。 

その頃、常に自分に言い聞かせていたのは「逃げたら負け。負け癖がつく」という言葉。
もちろん、学びも大きく、この環境を乗り越えたら成長できると信じていたから、辛くても必死でとどまった。

しかし、結局、私も同僚も体調がおかしくなり、もう限界と思い始めた頃、会社が再出発をすることになり、そのタイミングで会社都合での退職となった。

あれから、まもなく8年位になるだろうか。

今思うのは、あの環境にしがみついていたのは、もしかするとただの執着だったのかもしれないなということ。

もちろん、大変な環境だけあって、学んだことも多く、かけがえのない経験として、今の自分の力になっていることも間違いない。

でも、環境を変えることは、決して逃げることでも、負けることでもなく、自分にとってよりよい環境にシフトするだけということなのだと思う。

辞めなかったことで学んだことが大きかったのと同じくらいに、辞めることで学べることも、大きかったはずだ。

一概にどちらがいいとは言えないけれども、必要以上に環境を変えることを躊躇する必要はない、と今は思う。

猫のように、どちらが自分にとって一番居心地がいいのか、心の声に従って行動すれば、きっとそれがベストの答え。


 

環境を変えるのは逃げることではなくて、ただ単に間違いを正すだけのこと。

無理してとどまり続けるのは、偉いのではなくただの執着。

そこに学びがあるのか?ただの執着なのか?

最後に決めるのは、自分の心の声。