ひとつ行動すればひとつ自信に繋がる

f:id:rainyajisai:20160723225031j:plain

仕事帰りに本屋さんに立ち寄った。
最近、多いなと感じているのが、すぐ行動することの大切さを謳った内容の本。

「結局、『すぐやる人』がすべてを手に入れる」
「決断できる人は、うまくいく。チャンスをつかむ『決める』習慣68」
「先送りせずにすぐやる人に変わる方法」
「めんどくさがる自分を動かす技術」。。。

とにかくあるある!

「考えているだけで、なかなか行動に移せない」
「ついつい先送りしてしまう」
「迷って行動できないうちにチャンスを逃してしまう」人が多いんだなと思った。

もちろん、私もそのうちの一人なので、行動できずに悩んでいるのは自分だけじゃないとちょっとほっとしたのだけれど、よく考えたらほっとしている場合じゃなかった(笑)

考えているだけで頭でっかちになってしまい、行動に移せず、「またダメだった、また出来なかった。。。」と自己否定に走り、ますます自信をなくし、行動できなくなる負のスパイラルに陥っていたのが、今までの自分。

そんな自分を変えようと決意してこのブログを始めたのだから、ほっとしている場合ではないのだ。

ただ、同じように悩んで、同じように自分を変えようとしている人が、たくさんいるということは、とても励みになるし、お互い頑張ろう!とエールを送りたい気持ちになる。

今日は幸い(?)、とてもプレッシャーを感じる仕事をしてきた。
私はフリーランスで仕事をしているので、ある程度、仕事を選ぶことも可能な立場にある。
要は、やりたくない仕事は、やらなくてもいいという選択肢もあるということ。
そのため、今までは、「この仕事は自分の能力的にとてもこなせない」と感じた仕事は断ることが多かった。
能力以上の仕事を受けて、失敗するのが怖かったから。

しかし、ここ最近は依頼された仕事は、ほぼ受けるようにしている。
少々、傲慢な考え方かもしれないけれど、「その能力があると認められているから、依頼されている」と考えるようにしたのだ。
とにかく自分を指名してくれたことに対して、感謝し、新しいチャレンジをするチャンスと考え最善を尽くすということを自分に課している。

ただ、受けた後は正直とても苦しい。
逃げ出したい気持ちになるし、どうしてこんな大変な仕事を受けてしまったのだろうと後悔したりもする。
自分の力のなさに、情けなくなったり、逃げ出したくなることもある。
思ったような結果が出せなくて、悔しくて必死に勉強している。

でも、結局、自分に自信をつけるためには、こんな積み重ねを地道に重ねていくことしかないのだと信じている。
行動をひとつひとつ積み重ね、そのひとつひとつが自信につながっていく。

今日も仕事を終えた後は、なんともいえない充実感を感じることができた。
やっぱり行動あるのみだな。
この感じ、忘れないでおこう!