比べるのは他人ではなくて、過去の自分自身

f:id:rainyajisai:20160722125754j:plain

新しいことを始めようとするときの、私の悪い癖。


「完璧主義」


「自信ができたら始めよう」
「だれからも認められるようなものにしよう」
「勉強してから始めよう」。。。

そんなことを考えているうちに、せっかく、新しいことを始めてみようと思った気持ちが、いつのまにか消えていってしまう。

そして、
「やっぱり私には無理だよね」
「あの人みたいにはできない」
「あの人は才能があるからできる」
「あの人は恵まれているからできる」。。。
気づけば、自分のはるか上をいく、他の誰かと比べては落ち込むという負のスパイラル状態に陥ってしまうのだ。

そんなときに出会ったのが、大好きなブロガーさん「ヒビノケイコ」さんの記事。


「気だけ焦って手につかない」
まさに、今の私の状態そのもの。

そんなときのヒントととなるのは、次の3つだそうだ。

  1. 時間は厳密に決めない
  2. 気合を入れすぎない
  3. スーパーマンと比べず、半年前の自分と比べる

まさに、納得!
特に、半年前の自分と比べるという言葉が、胸に刺さった。

確かに半年前の自分と今の自分を比べると、現にこうして、自分を変えるための行動を始めているのだから、十分に成長しているはず。

行動の基準を他人ではなくて、自分自身に定めること、これって大事だな〜と思った。

昨日の自分より、今日の自分、今日の自分より、明日の自分。。。
そうやって、少しずつでも前に進んでいけば、きっと今とは違った自分になれるはず。

まずは、このブログを毎日更新すること。
それを目標に頑張ろう!