読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうか、私は認められたかったんだ

f:id:rainyajisai:20160720122018j:plain

このブログをこっそり開設したことは、まだ誰にも知らせていない。
だから、誰もこのブログの存在を知らない。

なかなか本音を出せない私にとって、今までのブログやSNSで本音を語るのはハードルが高すぎる。
そこで、誰にも知られないところでブログを新しく始め、そこに思い切って本音を綴ってみようと思ったのだ。
いわば、本音を出せるようにするための、リハビリのような場所なのかもしれない。

それなのに、もしバレたらどうしよう(バレるわけないのに 笑)、もし誰かに気付かれたらどうしよう。。。そんな風にビクビクしながら書いている。

だったら、完全に非公開で書けばいいのに、こうして公開して書いているのは、やっぱり誰かに見てもらいたい、誰かに共感してもらいたい。。。そんな心があるからだと気づいた。

知られたくないと思いながら、でも全く知られないのは悲しい、という完全に矛盾した思い。

だから、バカみたいにこのブログのアクセス数を気にしている私がいる。
始めたばかりのブログで、見てもらえるような工夫なんて何もしていないのだから、アクセスが0なのは当然なのに、まるで自分が否定されたかのように落ち込んでいるのだ。
自分からはなんのアクションもしていないのだから、リアクションがないことは当然なのに、それで落ち込んでいるなんて、我ながら救いようがないバカだ。

結局、周りが気づいてくれない、わかってくれない。。。と原因は自分にあるにもかかわらず、周りのせいにしているのだ。

だから、初めてアクセスがあった時には、本当に嬉しかった。
だれかに認めてもらえたような気がしたのだ。

やっとわかった。
私は、ずっとだれかに自分の気持ちをわかって欲しいと思っていたのだ。
自分の存在を認めて欲しかったのだ。

だれかに私の気持ちをわかって欲しいと渇望しているのだ。

それなのに、なんの行動もせず、ただ心の中で、私を見て、私のことをわかって、私の気持ちを理解して。。。なんて、都合がいいにもほどがある。

バカも休み休み言えって感じ。
気持ちは言葉に出して伝えなくては伝わらない。

でも、このブログで気持ちを吐き出せるようになったからこそ、自分の行動パターンにも気づけたし、「認められたい」という本音にも気づけた。

私は、目立たないようにひっそり生きていきたい、裏方で縁の下の力持ちになりたいなんて言っていたけど、本当は自分が主役として堂々と生きられるステージが欲しかったのだ。
もちろん、裏方として、人の役に立ちたい、誰かを支えたいというのも偽りない気持ちだけれど、それだけでは満足できないのだとやっと認めることができた。

だったら、なおさら、もっと自分の気持ちややりたいこと、思いを伝える努力をしていかないとダメだよね。

誰か気づいて、誰かわかってなんて言っていたら、あっという間に人生は終わってしまう。

残された時間はそんなに長くない。
迷って、悩んでいる時間がもったいない!