読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜかどうしようもなく落ち込んだ時は。。。

f:id:rainyajisai:20160716223335j:plain

なんだろう、この打ちのめされたような、ずーんと落ち込む気持ち。

自分の存在が、暗くて深い海の底に沈んでしまったような、キラキラと輝く世界とは全く違う、暗黒の世界に迷い込んでしまったような気持ち。

例えば、雑誌を読んだり、ネットをみていたりすると、自分の軸を持ち、確固たる世界観を持って、生き生きと暮らす人の姿を目にすることが多い。
純粋に素晴らしいなと思うし、素直に尊敬する。

そこで、自分もそんな人を目標に頑張ろうと思えればいいのだけれど、困ったことについ現在の自分自身と比べてしまうのだ。
さらに、そんな人と比べては「あの人は自分とは違う」、「どうせ私なんて」、「私には無理」と自己卑下して落ち込むというおまけ付き。

今まで何度もそんなことを繰り返してきた。
頭の中だけで考え、なんの行動もせず、「私なんて」といじけていた。
なんの努力もしようとせず。

それは、努力して失敗すること、もしくは、自分の本当の実力を知ってしまうことからの逃げであり、自分を知ることからの恐れだったのかもしれない。

「私だってやればできるはず」→でも、やってできなかったら恥ずかしいからやらない。
「本当の私はこんなはずじゃない」→本当の自分と向き合いたくないから行動しない。

ああ、なんて自分勝手で、傲慢なんだろう。

自分自身を縛り付けているものは何?
なぜ、行動もせず無理と決めつける?
自分の気持ちを知ることを恐れるのはなぜ?

まず、自分の本心を知ることから始めてみるしかないよね。
まずは、そこからやってみよう。
怖いけどやってみよう。
とにかくやってみよう。